製氷機の家電の節約術

製氷機で電気代を節約する方法をご紹介いたします。
年間の電気代がどのくらいで、何をすれば電気代を削減できるのか、分かりやすくお伝えいたします!

エコモ

製氷機の年間平均電気代

製氷機の平均年間電気代は、

42

※経産省エネカタログより推計値計算

製氷機の電気代についての計算方法

年間消費電力 × 1kWhあたりの電力量単価 × 年間電気代

電気代計算の事例紹介
消費電力
消費電力量は、製氷機のカタログに記載されています。
例えば、( 405-imcn01 )の場合、 1.056kWh(年間) kwh です。
1kWhあたりの電力量単価
1kWhあたりの電力量単価は、料金プランによって異なります。 例えば、多くの方が使っている従量電灯プランだと、
1kWhあたり 25 ほどになるケースが多い です。
電気代
電気代
1.056kWh(年間)(kWh)×25(円) で、 26.4円/年間 となります。

製氷機の基本的な省エネ術

コンセントを抜く
使わないときはコンセントを抜いておくと、待機電力を消費しないですむので年間約244円の節電になります。(目安)
できた氷は使う
製氷し、使わなかった氷は再利用できますが再度製氷するとその分電気代がかかってしまうので、できた氷は使うか、冷凍すると節約になります。

製氷機の買い替え電気代削減

製造年度の違い

古い機種から買い替えると、ずいぶんと電気代を削減できます。

大きさの違い

小さいものほど電気代が安くなるというわけではなく、製氷時間が短い方が電気代が安くなります。

家電 | 最近のハウツー記事