炊飯器の家電の節約術

炊飯器で電気代を節約する方法をご紹介いたします。
年間の電気代がどのくらいで、何をすれば電気代を削減できるのか、分かりやすくお伝えいたします!

エコモ

炊飯器の年間平均電気代

炊飯器の平均年間電気代は、

2501

※経産省エネカタログより推計値計算

炊飯器の電気代についての計算方法

年間消費電力 × 1kWhあたりの電力量単価 × 年間電気代

電気代計算の事例紹介
消費電力
消費電力量は、炊飯器のカタログに記載されています。
例えば、( NP-VL10 )の場合、 75.9kWh(年間) kwh です。
1kWhあたりの電力量単価
1kWhあたりの電力量単価は、料金プランによって異なります。 例えば、多くの方が使っている従量電灯プランだと、
1kWhあたり 25 ほどになるケースが多い です。
電気代
電気代
75.9kWh(年間)(kWh)×25(円) で、 1,897.5円 となります。

炊飯器の基本的な省エネ術

保温を短くする
保温は1時間で約1.6円かかります。風味も悪化し電力の消費も増えるので、短縮すると節約になります。
電子レンジ
4時間以上保温する場合、電子レンジで温め直した方が節約できます。
待機電力の削減
使わないときは、プラグをコンセントから抜くことも省エネに繋がります。

炊飯器の買い替え電気代削減

製造年度の違い

古い機種から買い替えると、ほどほどに電気代を削減できます。
2007年製から2015年製に買い替えると、 約22%の省エネになります。(目安)

大きさの違い

一般的に、たくさん炊ける炊飯器ほど、電気代が高くなります。
大家族用の大きな炊飯器になるほど、電気代が高くなる傾向にあるといえます。

家電 | 最近のハウツー記事