かき氷機の家電の節約術

かき氷機で電気代を節約する方法をご紹介いたします。
年間の電気代がどのくらいで、何をすれば電気代を削減できるのか、分かりやすくお伝えいたします!

エコモ

かき氷機の年間平均電気代

かき氷機の平均年間電気代は、

14

※経産省エネカタログより推計値計算

かき氷機の電気代についての計算方法

年間消費電力 × 1kWhあたりの電力量単価 × 年間電気代

電気代計算の事例紹介
消費電力
消費電力量は、かき氷機のカタログに記載されています。
例えば、( DKIS-150 )の場合、 0.45kWh/年間 kwh です。
1kWhあたりの電力量単価
1kWhあたりの電力量単価は、料金プランによって異なります。 例えば、多くの方が使っている従量電灯プランだと、
1kWhあたり 25 ほどになるケースが多い です。
電気代
電気代
0.45kWh/年間(kWh)×25(円) で、 11.25円/年間 となります。

かき氷機の基本的な省エネ術

コンセントを抜く
s使わないときはコンセントを抜いておくと、待機電力を消費しないですむので節電になります。

かき氷機の買い替え電気代削減

製造年度の違い

古い機種から買い替えると、ずいぶんと電気代を削減できます。

大きさの違い

一般的に、サイズが大きいものほど電気代が高くなります。たとえば大きなサイズのものは小さなサイズのものより年間270円電気代が高くなります。

システム・機能の違い

一般的に、氷をきめ細かく削ることができる機種(ふわふわかき氷機など)ほど電気代が高くなる傾向にあります。例えば、ふわふわかき氷機を使うと、年間9円電気代が高くなります。

家電 | 最近のハウツー記事