床暖房の家電の節約術

床暖房で電気代を節約する方法をご紹介いたします。
年間の電気代がどのくらいで、何をすれば電気代を削減できるのか、分かりやすくお伝えいたします!

エコモ

床暖房の年間平均電気代

床暖房の平均年間電気代は、

5619

※経産省エネカタログより推計値計算

床暖房の電気代についての計算方法

年間消費電力 × 1kWhあたりの電力量単価 × 年間電気代

電気代計算の事例紹介
消費電力
消費電力量は、床暖房のカタログに記載されています。
例えば、( フリーほっと )の場合、 0.96kWh(8時間) kwh です。
1kWhあたりの電力量単価
1kWhあたりの電力量単価は、料金プランによって異なります。 例えば、多くの方が使っている従量電灯プランだと、
1kWhあたり 25 ほどになるケースが多い です。
電気代
電気代
0.96kWh(8時間)(kWh)×25(円) で、 192円/1日(8時間) となります。

床暖房の基本的な省エネ術

余熱で温める
運転を止めた後も余熱が残るので、居室時間に合わせてタイマーを使って節約できます。
つけっぱなしにする
立ち上がり時にエネルギーを使うので、一時間ほどの外出の際は、スイッチを切るよりつけたままのほうが節約できます。
温度は低めに設定
足元から温まっているので、温もりを感じやすく、設定温度を少し下げても体感温度はあまり変わらないので、温度を低めにすると効果的です。

床暖房の買い替え電気代削減

製造年度の違い

古い機種から買い替えると、ずいぶんと電気代を削減できます。

大きさの違い

一般的に、広い部屋で使うものほど電気代が高くなります。

家電 | 最近のハウツー記事