ワインセラーの家電の節約術

ワインセラーで電気代を節約する方法をご紹介いたします。
年間の電気代がどのくらいで、何をすれば電気代を削減できるのか、分かりやすくお伝えいたします!

エコモ

ワインセラーの年間平均電気代

ワインセラーの平均年間電気代は、

19954

※経産省エネカタログより推計値計算

ワインセラーの電気代についての計算方法

年間消費電力 × 1kWhあたりの電力量単価 × 年間電気代

電気代計算の事例紹介
消費電力
消費電力量は、ワインセラーのカタログに記載されています。
例えば、( V155SG )の場合、 1401.6kwh(年間) kwh です。
1kWhあたりの電力量単価
1kWhあたりの電力量単価は、料金プランによって異なります。 例えば、多くの方が使っている従量電灯プランだと、
1kWhあたり 25 ほどになるケースが多い です。
電気代
電気代
1401.6kwh(年間)(kWh)×25(円) で、 35040円/年間 となります。

ワインセラーの基本的な省エネ術

ドアの開閉を素早くする
開閉すると温度が変化しやすくなるので、温度をを一定に保つことで節約につながります。
ドアの開閉を最小限にする
振動はワインに悪影響を与えるのでドアの開閉を最小限にし、あまり振動させないようにすると節約になります。

ワインセラーの買い替え電気代削減

製造年度の違い

古い機種から買い替えると、機能が上がった分少し電気代を浪費してしまいます。

大きさの違い

一般的に、収納本数が多い(サイズが大きい)ものほど、電気代が高くなります。

システム・機能の違い

一般的に、コンプレッサー方式よりペルチェ方式のほうが電気代が高くなります。

家電 | 最近のハウツー記事