生ごみ処理機の家電の節約術

生ごみ処理機で電気代を節約する方法をご紹介いたします。
年間の電気代がどのくらいで、何をすれば電気代を削減できるのか、分かりやすくお伝えいたします!

エコモ

生ごみ処理機の年間平均電気代

生ごみ処理機の平均年間電気代は、

5566

※経産省エネカタログより推計値計算

生ごみ処理機の電気代についての計算方法

年間消費電力 × 1kWhあたりの電力量単価 × 年間電気代

電気代計算の事例紹介
消費電力
消費電力量は、生ごみ処理機のカタログに記載されています。
例えば、( 島産業PPC-01 )の場合、 43.8kwh(年間) kwh です。
1kWhあたりの電力量単価
1kWhあたりの電力量単価は、料金プランによって異なります。 例えば、多くの方が使っている従量電灯プランだと、
1kWhあたり 25 ほどになるケースが多い です。
電気代
電気代
43.8kwh(年間)(kWh)×25(円) で、 1095円/年間 となります。

生ごみ処理機の基本的な省エネ術

乾燥時間を短くする
なるべく生ごみを少なくし、水を切ってから入れると稼働時間が減り節約になります。
食品や衣類も
ドライ食品・花、衣類乾燥機としても使えるので乾燥機より消費電力が少ないので節約になります。
最大量以上いれない
最大量以上入れてしまうと処理が遅くなったり、においの原因になるので適量を入れると節約になります。

生ごみ処理機の買い替え電気代削減

製造年度の違い

古い機種から買い替えると、大幅に電気代を削減できます。

システム・機能の違い

一般的に、最大処理量が多いものほど電気代が高くなります。

家電 | 最近のハウツー記事