アイロンの家電の節約術

アイロンで電気代を節約する方法をご紹介いたします。
年間の電気代がどのくらいで、何をすれば電気代を削減できるのか、分かりやすくお伝えいたします!

エコモ

アイロンの年間平均電気代

アイロンの平均年間電気代は、

1248

※経産省エネカタログより推計値計算

アイロンの電気代についての計算方法

年間消費電力 × 1kWhあたりの電力量単価 × 年間電気代

電気代計算の事例紹介
消費電力
消費電力量は、アイロンのカタログに記載されています。
例えば、( SA-4088G )の場合、 38.4kWh(年間) kwh です。
1kWhあたりの電力量単価
1kWhあたりの電力量単価は、料金プランによって異なります。 例えば、多くの方が使っている従量電灯プランだと、
1kWhあたり 25 ほどになるケースが多い です。
電気代
電気代
38.4kWh(年間)(kWh)×25(円) で、 960円/年間 となります。

アイロンの基本的な省エネ術

かける前にシワを伸ばす
洗濯の脱水を1分ほどにしたり、シワになりやすいシャツなどの服は洗濯時に畳んでネットに入れ、干すときは厚みのハンガーでかけるとシワを伸ばすことができ、アイロンの時間短縮ができ節約になります。
かける順番を工夫する
低温でポリエステルの服などを先にかけ、徐々にシャツなど高温でかけていき、最後に余熱で小物類にかけると、時間短縮ができ節約になります。
一方向にかける
左右に引っ張り伸びない方向にそってかけるなど、繊維の方向を見極めてかけると時間短縮ができ節約になります。
アルミコーティングされたアイロン台
アルミコーティングされたアイロン台は、熱効率を発揮し素早いアイロン仕上げが可能なので時間短縮にもなり、アイロンの設定温度を中か弱に落として使用できるので節約になります。
まとめてアイロンがけ
毎日こまめにするよりまとめてアイロンをかけた方が節約になります。

アイロンの買い替え電気代削減

製造年度の違い

古い機種から買い替えると、少し電気代を削減できます。

大きさの違い

一般的に、サイズが大きいものほど電気代は高くなります。

システム・機能の違い

一般的に、スチームよりコードレスタイプのほうが電気代が高くなります。

家電 | 最近のハウツー記事