エコキュートの電気代節約方法

エコキュートとは、ガスを使わず電気のみで稼働する温水器です。安い深夜電力で作ったお湯をタンクに貯めておくことで、電気代の削減を図れます。コンプレッサーで大気の熱を汲み上げ、給湯の熱エネルギーをつくるヒートポンプシステムなので、使用する電気エネルギーに対して効率的に熱エネルギーを作ることができます。エコキュートの本来の名前は、「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」であり、「エコキュート」は愛称として用いられています。ガスコンロの代替品として期待されています。

エコモ

エコキュートって?

エコキュートとは、ガスを使わず電気のみで稼働する温水器です。安い深夜電力で作ったお湯をタンクに貯めておくことで、電気代の削減を図れます。コンプレッサーで大気の熱を汲み上げ、給湯の熱エネルギーをつくるヒートポンプシステムなので、使用する電気エネルギーに対して効率的に熱エネルギーを作ることができます。エコキュートの本来の名前は、「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」であり、「エコキュート」は愛称として用いられています。ガスコンロの代替品として期待されています。

エコキュートの特徴

導入費用
平均60万円程度
年間の収益性
平均4.4万円程度
初期費用の回収期間
平均13.5年間程度

エコキュートの設置費用は性能によって異なるのですが、60万円程度は見ておいたほうが良いです。大家族であれば、大きなタンクが必要になるので、費用が高くなる傾向にあります。エコキュートは単体で導入するよりも、IHと同時に導入し、オール電化にするほうがお得です。オール電化にするとガスの料金を支払う必要がなくなり、経済効果が高まります。また、安い深夜電力を利用しない場合、IHによる経済的メリットはほとんど発生しないため、注意が必要です。

エコキュートの電気代削減

エコキュートはなぜ儲かるのか

安い夜間の電気代を利用することにより、エコキュートの経済メリットが発生します。また、エコキュートはヒートポンプを利用しているので、電気が本来持つエネルギーの3倍程度の熱エネルギーを取り出すことができます。

エコキュートで生活を豊かに

メリット

災害時に水が使える

非常災害時や、断水時の生活用水として利用することができます。飲用として利用することは出来ませんが、シャワーやトイレなどの生活用水として活用できます。

デメリット

停電の時は使えない

IHはガスコンロと異なり、電気使って熱に変換するため、停電の時は使えません。

お湯を温めているとき、音がする

エコキュートのヒートポンプは、原理がエアコンや冷蔵庫と同じなので、空気を圧縮する機械音がします。エアコンの室外機ほどではありませんが、30~40dBの低い「ブ~ン」という音で、しかも深夜に作動しますから、人によっては気になる音です。

エコキュートのハウツー記事