IHの電気代節約方法

IHクッキングヒーターとは、オール電化住宅の象徴的な器具として扱われていることからも分かるのように、ガスを使わず、電気のみで稼働する調理器具です。ガスコンロの代替品として期待されています。

エコモ

IHって?

IHクッキングヒーターとは、オール電化住宅の象徴的な器具として扱われていることからも分かるのように、ガスを使わず、電気のみで稼働する調理器具です。ガスコンロの代替品として期待されています。

IHの特徴

導入費用
平均10万円程度
年間の収益性
平均0.6万円程度
初期費用の回収期間
平均16年間程度

IHの設置費用は性能によって異なるのですが、10万円程度は見ておいたほうが良いです。IHは単体で導入するよりも、エコキュートと同時に導入し、オール電化にするほうがお得です。オール電化にするとガスの料金を支払う必要がなくなり、経済効果が高まります。また、安い深夜電力を利用しない場合、IHによる経済的メリットはほとんど発生しないため、注意が必要です。

IHの電気代削減

IHはなぜ儲かるのか

安い夜間の電気代を利用することにより、IHの経済メリットが発生します。また、IHはガスと比べて熱効率が高く、エネルギーの無駄が少ないです。IHヒーターは、鍋底に当たった磁力線をほぼ80~90%という高い効率で利用しているのに対し、ガスコンロの場合、調理中に周囲が暑くなることからも分かるように、周囲に熱を拡散しているため、熱効率は50~80%と言われます。

IHで生活を豊かに

メリット

掃除が簡単

ガスコンロのような凹凸が少ないので、掃除が楽です。キッチンを清潔に保つことができるため、衛生面で優れます。

火事のリスクが低い

ガスコンロと異なり、火を使わないため火事のリスクが低いです。

衛生的

ガスを燃焼させないため、二酸化炭素の排出や不完全燃料のリスクが少ないです。

調理が簡単

温度調整機能により、温度設定をキープでき、熱加減を把握しやすいです。また、自動湯沸しや焦げ付き防止もあるため、調理が快適になります。

デメリット

停電の時は使えない

IHはガスコンロと異なり、電気使って熱に変換するため、停電の時は使えません。

IH対応の調理器具を使う必要がある

今まで使ってた鍋がIH対応でない場合、対応している調理器具をそろえる必要があります。IHヒーターは強磁性体素材しか加熱しないため、専用の調理器具が必要となります。

調理方法が限られる

鍋とコンロの表面が接触しないと加熱しないため、フライパンを振るようなことは不向きです。また、フランベもガスコンロと比較し、不向きです。

IHのハウツー記事