節電・節約の知恵袋

扇風機で快適エコライフ

エコモ

電気代節約のためにクーラーは控えたいけど扇風機だけじゃ暑い...なんて経験はありませんか?扇風機の特性を生かせば扇風機だけでも十分涼しくなれるんです。厳しい日本の夏をお得に乗り切る裏ワザをご紹介します。

要 約
  • 扇風機の性質をうまく利用しよう
  • ちょっとした工夫で涼しさUP!
  • 安心安全に節電ライフ

ポイント1 置く場所を工夫する

扇風機は風を送りだすことで、室内の空気を撹拌することができます。よって、窓を開けて外気と循環させて使う方とより効果的です。撹拌する空気の温度によって扇風機の置き場所を変えると、室温を上手にコントロールすることができます。

部屋の中の温度が外の温度より高い場合

室温が外気よりも高い時は、開けた窓の前に扇風機を置き、部屋に向けて風を送りましょう。部屋の温まった空気が外の冷えた空気と入れ替わり、室内の温度が下がります。

外の温度が部屋の中の温度より高い場合

外気が室温よりも高い時は、窓のある場所の反対側に扇風機を置いて、開けた窓に向けて風を送りましょう。こうすることで暑い外の空気が部屋に入ってくることを防ぎながら室内の空気を撹拌することができます。

ポイント2 水・氷を使ってみよう

いつもの扇風機にちょっとしたものをプラスするだけで、とっても涼しくなれるんです!

ミストを活用しよう

扇風機の風にあたるとき、霧吹きなどでミストを肌にシュッとひと吹き。これだけで抜群に涼しくなれます! 扇風機に当たると涼しく感じるのは、体温より低い風が顔や体に当たることで皮膚の表面の温度が奪われるから。これを気化熱の作用といいます。霧吹きで肌を濡らすと、扇風機から送られる風がミストの蒸発を促し、気化熱の作用で肌表面の温度を急激に下げてくれるんです!霧吹きは冷凍庫でよく冷やしておくとより効果的です。

凍らせたペットボトルを活用しよう

冷凍庫で凍らせたペットボトルを扇風機の前に置くと、 氷がとけていくときに周りの空気を冷やし、扇風機から冷たい空気が送られてきます。これで節約クーラーの出来上がり!ペットボトルのキャップをはずしておくとより効果的です。凍ったペットボトルは夏の便利アイテムですから、何本か常備しておくといいですね。冷凍庫の隙間もなくなって、冷蔵庫の電気代も節約できます。

ポイント3 クーラーと併用する

扇風機とクーラーを併用すると電気代が節約できるとよく言われていますよね。でも、正しく使わないとあまり効果はありません...。大きな効果を得るためには扇風機とクーラーの風向きが重要なのです。 クーラーと扇風機を併用する際は、「クーラーを水平に」「扇風機を垂直に」するとよいでしょう。エアコンの風向きを水平に設定し、扇風機を天井に向けて回すと、エアコンから水平に出た冷たい風がゆっくりと下に降りてきたところを扇風機の風で上に向けて循環させることができ、効率的に室内の温度ムラをなくすことができます。顔や首などに冷気が届いたほうが涼しく感じ、体感温度が下がります。そうすることでエアコンの設定温度を上げても十分涼しくなり、クーラーの電気代が節約できます。 いかがでしたでしょうか?扇風機はエアコンよりも電気代がかからず、排熱もないエコな家電製品です。また、室温を下げすぎることもないのでお年寄りや子どもも安心して使うことができます。扇風機を賢く使って、暑い夏でも快適なエコライフを満喫しましょう!

関連まとめ